人気ブログランキング |

舞鶴市東吉原・西吉原

西舞鶴港の漁師町の東吉原・西吉原の町並です。間口が4m~5m程度で奥行きがその2倍ほどの大きさの敷地にぎっしりと家が建っている。
全て平入りで建っている。通常間口が狭いと妻入りの建物と思い勝ちだが、妻入りでは隣の家との境界で雨始末をせねばならない。その点奥行きが長くとも平入り切り妻にして、隣の家屋と接して建てれば雨の始末は簡単だ。
漁師町は無秩序に建てられ、それの合わした細い道が曲りくねって付いているのが普通であるが、この漁師町は京都市中のように規則正しく区画されていた。それも江戸中期に竹屋町から移って来たというから驚きだ。当時の支配者が城下町だけでなく、猟師町にも町並整備を命じたのだろう。(七ちょめ 投稿)
e0100244_214473.jpg

e0100244_2145493.jpg

e0100244_2151891.jpg

by irakagumi | 2006-12-11 21:05 | 京都
<< 追分本陣 開智学校 >>