タグ:産業町 ( 25 ) タグの人気記事

深谷市

深谷市は中山道沿いに古い町並が残る。連続した所は少ないが西端近くにはこのような重厚な造り酒屋も残る。
ここは煉瓦の産地、町の所々にも煉瓦を使った古い家屋が見え、またJRの深谷駅は丸の内側の東京駅を
模したものである。東京駅用の煉瓦もここで製造されたのだという。
(孫右衛門)
e0100244_21202524.jpg

[PR]
by irakagumi | 2009-04-12 21:20 | 埼玉

桐生市

桐生は織物産業の町として古くから有名で「上毛かるた」にも謳われている。
商家や土蔵などが古い町並を形成し、このような路地も見られる。
洋風建築や工場の建物までこの町では有名で、テーマの持ち方によっては歩くのに1日がかりとなろう。
(孫右衛門)
e0100244_23431532.jpg

[PR]
by irakagumi | 2009-04-06 23:43 | 群馬

城島町

城島町(現久留米市域)はかつて九州の灘と呼ばれたほどの酒どころで、現在でも町の中心に造り酒屋が連なり、それら自ら古い町並的な風情をかもし出しているところは確かに灘や伏見にも匹敵するものがあった(孫右衛門)。
e0100244_22464287.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-10-04 22:46 | 福岡

滑川市

日本海に面する滑川市は旧北国街道が通る町で、旧道筋には宿駅が設けられ、また売薬業も越中国内でも特に盛んなところであった。
それらの商家建築、港の遺構、近代洋風建築などが入り混じり歩いていて楽しい町並であった(孫右衛門)。
e0100244_0445535.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-06-17 00:45 | 富山

半田市

知多半島の中心都市半田はミツカン酢をはじめとする醸造業が古くから盛んで、創業者の中埜氏の邸宅群も見物である。
運河沿いの倉庫風景、その裏手の町家建築群、洋風建築などさまざまな町の風景が見られ、町歩きしていて飽きさせない町である(孫右衛門)。
e0100244_0255735.jpg

(中埜家別宅)
e0100244_0264458.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-04-24 00:26 | 愛知

常滑市

常滑は全国によく知られる焼物の町。丘陵地帯に点在する窯元を結んで遊歩道調の散策路が設けられている。観光地の様相であるがなかなかどうしてこれが風情ある町並風景であった。焼物が町の風景に溶け込み、そこに建つ窯元や民家の佇まいがよい(孫右衛門)。
e0100244_021663.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-04-09 00:21 | 愛知

江別市

札幌の郊外都市ともなっている江別は意外にも市街中心のたたずまいは素朴で、特に千歳川と石狩川との合流点付近では、かつての川港らしいレンガ造りの倉庫が残り、住宅にも煉瓦を使用した姿が目立つなど、歴史を感じることができる。郊外の野幌地区は明治以来の有名な煉瓦の産地でもある(孫右衛門)。
e0100244_029231.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-01-28 00:29 | 北海道

美唄市南美唄町

炭住という建物はほとんど現存していないと思われるが、この美唄では三井財閥による採炭が行われていた際職員住宅が建てられ、造りがしっかりしていたこともあり現在でも住宅として使用されている。
平屋で占められたその社宅群は、炭住という暗いイメージとは程遠く、建てられた昭和10年頃は斬新な社宅街だったのだろう(孫右衛門)。
e0100244_024263.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-01-28 00:24 | 北海道

紙漉きの街今立

今でも伝統的な和紙の生産が盛んな今立。昔は大変厳しい労働であったいまでは伝統工芸としてまたその材料としての和紙のもつ風合いは大変評価されている。町並みとしては中心部には少し残っている程度。三国に近い影響だろうかかぐら建てとうだつが揚がる建物が見られた。
(西山遊野)
e0100244_0163353.jpg


[PR]
by irakagumi | 2007-10-26 00:15 | 福井

野田市

千葉県の北西部、利根川と江戸川に挟まれたこの地域は水運の坩堝ともいえる町で、江戸への物資が水陸あわせて交錯し、商業が自然に発展した。特に醤油醸造業は現在でも盛んな伝統的産業であり、東武鉄道の駅に降り立つとすぐに香ばしいにおいに包まれる(孫右衛門)。
e0100244_23264463.jpg

[PR]
by irakagumi | 2007-06-21 23:26 | 千葉