タグ:港町 ( 107 ) タグの人気記事

呼子町

呼子は玄界灘に面する漁村・港町として知名度が高い。しかし観光客が訪ねるのは港界隈の土産物屋と朝市通り付近のみで、入江の裏路地までは足を踏み入れない。
そこには素朴な古い町並が延々と連なっている(孫右衛門)。
e0100244_023511.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-09-23 00:02 | 佐賀

備前勝山

備前勝山は現在の真庭市。かつては旧出雲街道の高田宿のあったところ。また三浦氏2万3千国の城下町だ。また岡山まで流れる旭川舟運・高瀬舟の最上流地点としての物流諸点でもある。宿場町・城下町・港町としての多彩な町並みを形成するのがここ勝山の魅力であろう。またここ最近では暖簾をつかった町おこしがなされており、家々玄関にかけられた様々な色合いとデザインの暖簾を眺めながらの散策も楽しい。
(西山遊野)
c0074640_9532053.jpg


c0074640_9534664.jpg


[PR]
by irakagumi | 2008-08-15 10:06 | 岡山

高岡市伏木

伏木は古くからの港町で、小矢部川の河口に立地していたこともあって砺波地方の玄関口でもあった。
洋風建築の多く残る一角は、明治以降の港としての発展を証明しているようだった(孫右衛門)。
e0100244_21104178.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-07-09 21:20 | 富山

新湊市庄西町

小矢部川と庄川の河口に挟まれた細長い低地に古い港町の佇まいが残っていた。地図を見ると工業地帯を連想してしまうところだが、その意外性も魅力である(孫右衛門)。
e0100244_217537.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-07-09 21:07 | 富山

新湊市

新湊は港湾地帯を占めているので、地図を見ると工業地帯と思い込んでしまうところに大きな意外性を感じる町並だ。
典型的な町家建築も連なって残る。これは内川という運河状の入江に沿う家々だ(孫右衛門)。
e0100244_23212085.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-06-28 23:21 | 富山

富山市東岩瀬

神通川の河口港と北国街道の宿駅としての機能もあった東岩瀬は、廻船問屋が河畔に林立し明治期の大火後に復興するに際し、各商家が見栄を張って豪勢な家を建て合った。
そのため古い町並として残る商家の間口は非常に広く、迫力を感じる。
市により保存の手が加えられ、近年注目されている(孫右衛門)。
e0100244_23182775.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-06-21 23:18 | 富山

富山市水橋

水橋は古い港町であり北前船の寄港もあった。この地方独特の袖壁を持つ町家が所々に残り、歴史を伝えている(孫右衛門)。
e0100244_2313624.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-06-21 23:13 | 富山

滑川市

日本海に面する滑川市は旧北国街道が通る町で、旧道筋には宿駅が設けられ、また売薬業も越中国内でも特に盛んなところであった。
それらの商家建築、港の遺構、近代洋風建築などが入り混じり歩いていて楽しい町並であった(孫右衛門)。
e0100244_0445535.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-06-17 00:45 | 富山

半田市

知多半島の中心都市半田はミツカン酢をはじめとする醸造業が古くから盛んで、創業者の中埜氏の邸宅群も見物である。
運河沿いの倉庫風景、その裏手の町家建築群、洋風建築などさまざまな町の風景が見られ、町歩きしていて飽きさせない町である(孫右衛門)。
e0100244_0255735.jpg

(中埜家別宅)
e0100244_0264458.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-04-24 00:26 | 愛知

常滑市大野町

常滑市大野町は伊勢桑名から三河高浜までを伊勢湾経由で短絡する中継地であった。ここから陸路知多半島を横断し、東岸の亀崎に達するのである。港町として商業が集積して、かつての商家の建物が街道沿いに多く残り、また路地風景も趣があった(孫右衛門)。
e0100244_2220229.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-03-30 22:27 | 愛知