<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

墨田区東向島

隅田川の東に位置するこの付近は江戸期から歓楽地として知られ、大正の頃以降は多くの花街が存在した。この「鳩の街商店街」も、第二次大戦の戦災で玉の井遊郭が焼失したことにより、非戦災地区であったこの付近に移転してきたものだ。
遊里の面影は淡いが、非戦災地区らしい銅板におおわれた看板建築や出桁の木造家屋も少し見られ、庶民的商店街を形成していた(孫右衛門)。
e0100244_0153832.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-08-31 00:15 | 東京

綿業会館

1931
鉄骨鉄筋コンクリート7階建
渡辺節
国重要文化財
大阪のもっとも華やかな時代の象徴。綿業会館名前のとおり紡績で栄えた町大阪。
船場は繊維の町でもあった。
階層ごとに違う意匠の窓。それぞれ様式を異なれど統一された色調とスクラッチタイルの品が全体をくっりき締めている。さすが渡辺節だ。
(西山遊野)
c0074640_0284424.jpg


[PR]
by irakagumi | 2008-08-30 00:32 | 大阪

南丹市園部

園部は現在の南丹市。旧園部町、八木町、美山町、日吉町が合併してできた市の中心部になり市役所も置かれている。以前は大動脈の国道9号線が町中を走りぬけ、山陰方面へいく通過地点であったが今では京都縦貫自動車道路ができてからは全く通ることすらなくなってしまった。先日久しぶりに山陰本線で行く機会があった。駅前の食堂は閉まり、立ち寄った街の中心部にも食事をする場所は閉店していた。当然の如く商店街には店も無く、すきっ腹を抱えての町歩きになった。衰退振りはまあ予想をしていた事であるが最近の地方の平均的な様子であろう。やはり再び山陰本線で京都市内まで戻らないと飯にありつけないだろうと諦めていたら正面の駅ビルに一軒の喫茶店が営業中であった。ああ助かった。
(西山遊野)e0100244_0171419.jpg


[PR]
by irakagumi | 2008-08-28 00:17 | 京都

当麻町当麻寺門前

当麻寺の門前町は近鉄の駅から一直線に伸びる気持のよいものだ。
次第に三重の塔が大きくなってくるその風情も格別である。
近づくにつれ、格式ある町家建築などが次々現れ、門前町の風情が高まってくる(孫右衛門)。
e0100244_2356266.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-08-23 23:56 | 奈良

桜井市

桜井駅の東に伸びる旧初瀬街道沿いに商店街が軒を連ねる。アーケードを出外れると伝統的町並が姿を現した。
古い商店街の外れという立地条件から、いつ姿を消してもおかしくないと思われた(孫右衛門)。
e0100244_23451192.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-08-19 23:51 | 奈良

吉野町佐々羅

この佐々羅は小さな集落でありながら、家々は洗練されていて伊勢参りの客の落す金で潤っていたのか、または豊かな農産物に恵まれていたのか、固まって残る旧家は豪勢だった(孫右衛門)。
e0100244_23411721.jpg

[PR]
by irakagumi | 2008-08-19 23:41 | 奈良

米子市市役所旧館

米子市立歴史館に隣接する米子市市役所旧館。おそらく歴史館が庁舎だったころ新館として利用されていたのであろう。モダニズム庁舎の典型。一般的にはこのぐらいの時代性の建物は新しくも無く、かといって歴史的価値や美観的に認知されておらずむしろ明治や昭和一桁建築より早く姿を消して行く様に思われる。モダニズム建築のよさを広くアピールをして保存を求めていかないと気が付くと絶滅してしまうような気がしてならない。こうして先代とならべても見劣りしないモダニズム建築のよさがあるのだが如何だろう。
(西山遊野)
e0100244_23211988.jpg


[PR]
by irakagumi | 2008-08-18 23:21 | 鳥取

米子市立山陰歴史館

米子市旧庁舎昭和5、佐藤功一、鉄筋コンクリート3階建。
当時の典型的な庁舎である。今は米子市立山陰歴史館としてりようされる。この隣には
モダニズム建築の旧市役所があり。斜め正面には市役所が建っている。このように隣接して
新旧の庁舎が建っているケースは割りと多い。その時代性が色濃く出る庁舎は建築ファンにとっては見逃せないポイントでもあろう。
(西山遊野)
e0100244_2315202.jpg


[PR]
by irakagumi | 2008-08-18 23:14 | 鳥取

米子

中海へ注ぐ加茂川、かつてはこの川沿いに沿いに並ぶ蔵や町並みが並び舟が往来して物資輸送で賑わっていたという。在郷街としての米子の賑わいが残っている地域歩いた。ここ最近はその川を小さな舟でまわるサービスが実施されている。また通りには観光マップなども建てられ観光にも力を入れているようだ。
西山遊野
加茂川沿いにある蔵
c0074640_0121675.jpg


銀行建築らしい小振りの近代建築もあった。
c0074640_013175.jpg


[PR]
by irakagumi | 2008-08-16 00:17 | 鳥取

備前勝山

備前勝山は現在の真庭市。かつては旧出雲街道の高田宿のあったところ。また三浦氏2万3千国の城下町だ。また岡山まで流れる旭川舟運・高瀬舟の最上流地点としての物流諸点でもある。宿場町・城下町・港町としての多彩な町並みを形成するのがここ勝山の魅力であろう。またここ最近では暖簾をつかった町おこしがなされており、家々玄関にかけられた様々な色合いとデザインの暖簾を眺めながらの散策も楽しい。
(西山遊野)
c0074640_9532053.jpg


c0074640_9534664.jpg


[PR]
by irakagumi | 2008-08-15 10:06 | 岡山