カテゴリ:長崎( 6 )

対馬志多留

昼下がり志多留を歩いていると何処からともなくスピーカーを鳴らしす販売カーの音が近づいてくる。売っているものは老眼鏡だった。確かに老人は多いだろうし村にはめがね店はおろかパン屋もない。あの車で島中の村落を売って廻るのだろうか。
(西山遊野)
e0100244_2344629.jpg


[PR]
by irakagumi | 2007-06-27 23:44 | 長崎

対馬田の浜

田の浜は志多留の先数キロさらに奥へはいった集落。これ以上先に路はない。ゆきどまりの集落には数軒ばかりが肩を寄り添うように建っている。小さな漁港とわずかな田畑。これだけでは現金収入が豊かにあるようには思えない。若者たちはのこらないはずだろう、そしてこの村落無住になるであろう未来はそんなに先ではないだろう。
(西山遊野)
e0100244_0372136.jpg


[PR]
by irakagumi | 2007-06-15 00:37 | 長崎

対馬上県越高

伊奈へ向う途中にある寒村という感じのする越高。仁田湾の入り江の一つ。半農半漁の村だろうが農の方はほとんど現金収入になるような耕作面積はなく自分たちの口に入るぐらいの生産しか出来ないように思われる。
(西山遊野)
e0100244_1037862.jpg


[PR]
by irakagumi | 2007-05-03 10:37 | 長崎

対馬厳原久田

久田は対馬藩のお船入りがあり栄えたところである。現在でも立派な石垣が組まれた町並みが残りかつての栄華を髣髴とさせる風景が現存する。
(西山遊野)
e0100244_054897.jpg


[PR]
by irakagumi | 2007-05-02 23:54 | 長崎

島原市武家屋敷

島原市にある武家屋敷。今残る武家屋敷は当時の下級武士の屋敷だそうだが、町割がそのまま残り、一部には道路の中央を清流が流れる当時のままの姿は見るものに感動を与える(七ちょめ 投稿)
e0100244_21142353.jpg

[PR]
by irakagumi | 2006-10-18 21:14 | 長崎

軍艦島(長崎市高島町端島)

この小さな島に、黒ダイヤ最盛期の頃の昭和34年には、5000人以上も住んでいたそうだ。
郵便局・交番・映画館や幼稚園・小学校・中学校まであって人々の日常の生活には全く困らなかったそうだ。でも昭和49年に閉坑になり、無人島になってしまった。(七ちょめ 投稿)
e0100244_21104538.jpg

[PR]
by irakagumi | 2006-10-18 21:10 | 長崎